Home > 心療内科と精神科と違い

心療内科と精神科と違い

大きな違いがないのが実情

110622-N-MG658-うつ病などの疑いがある場合は、早めに医療機関へ受診することが大事になってきます。しかし、医療機関で心療内科と精神科のどちらにするかは迷うところです。一般的には、心療内科と精神科では、診療において大きな違いがないのが実情かと思います。

違いと言えば、クリニックなどの開業医が心療内科を運営していることが多く、精神科は総合病院のひとつの診療科として運営されていることが多くなっています。そのため、入院が必要となる症状があるときは、精神科の方が安心となりそうです。重度の症状でなければ、心療内科でも問題がないと思います。

むかしから、精神科という言葉の響きから通院をためらう人が多くなっています。そのため、心療内科であれば、比較的に通院しやすいと感じる人が多いようです。心療内科では、医師が開業医であることが多いために、クリニックの評判は予めチェックしておいた方がいいです。カウンセリングをしてくれるところでは、医師の実力が重要なポイントとなってきます。